ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
時代劇の大御所から福士誠治&桐山漣に“失敗”のススメ
2015/04/13 14:50

写真をもっとみる
 東京・渋谷のNHKで13日、7月16日スタートの木曜時代劇『まんまこと〜麻之助裁定帳〜』(毎週木曜 後8:00)の制作発表会見が行われ、主演の福士誠治をはじめ、南沢奈央、桐山漣ら主な出演者が撮影に臨む意気込みなどを語った。

 同作は、妖怪ファンタジー『しゃばけ』シリーズで人気の畠中恵氏による大江戸人情ミステリー。福士が演じる主人公・高橋麻之助は、町内のさまざまもめ事(現代でいう民事事件)を裁定する町名主の跡取り息子。普段は頼りにならないお気楽な遊び人だが、実は並外れた推理力の持ち主で、麻のように乱れて解きほぐしがたい事件を、思いもつかない方法で鮮やかに解決していく。

 麻之助の父で代々続く町名主・高橋宗右衛門役に高橋英樹、麻之助の幼なじみ・八木清十郎役に桐山、清十郎の父で神田の名主・八木源兵衛役に石橋蓮司らが出演。時代劇のベテラン俳優たちと劇中で“親子”を演じることになり、福士は「わからないことは聞いて、ダメなところは叱っていただけたら。本音は楽しくやりたい」、桐山は「僕は時代劇が初めて。学ぶことたくさんあると思うので吸収したい」とそれぞれ心境を語った。

 かたや高橋と石橋は、「江戸という風景を我々で出せたら。(若い俳優は)時代劇ということにこだわらず、脚本に描かれている青春の楽しさを生き生きと演じてくれたら。のびのびやって、失敗して」と若い俳優たちにアドバイスしていた。

 ほかに、女性独特の勘で麻之助の謎解きに協力するお寿(す)ず役の南沢、麻之助と清十郎の幼なじみ・相馬吉五郎役の趙たみ和、源兵衛の後妻となるお由有役の市川由衣、宗右衛門の甥っ子で高橋家に住み込み、名主の仕事を手伝う巳之助役のえなりかずき、両国に住む端唄の師匠・おと吉役の桧山うめ吉、語りを担当する6代目柳家小さんが出席した。
関連リンク
蔵之介、比嘉愛未の熱愛に驚き
福士誠治、恐怖アニメ『闇芝居』で声優初挑戦
桐山漣が映画『呪怨』出演
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.