ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
佐々木蔵之介、猿の好演に嫉妬「ダントツで成長していた」
2016/06/16 12:53

写真をもっとみる
 俳優の佐々木蔵之介が16日、都内で行われた主演映画『超高速!参勤交代 リターンズ』(9月10日公開)完成報告会見に出席。2014年に公開された『超高速!参勤交代』の続編にあたる今作で、パワーアップした点を聞かれると「(出演者の)誰よりも、猿の菊千代が成長して良い芝居をしていました。それが悔しかったですね」と嫉妬混じりに語った。

 菊千代との共演シーンが多かったという柄本時生も「2年前は、まだ赤ちゃんだったので大変だったのですが、すっかり大きくなって言うことを聞いてくれるようになっていたので、今回はとても楽でした」とにっこり。佐々木も「本当に菊千代が、ダントツで成長していました。そこはちょっと悔しかった」と改めて絶賛していたが、当の菊千代はわれ関せず、あいさつ代わりに華麗なバク転を披露すると、そそくさと会場を後にしていた。

 同作は、江戸幕府から無理難題を突きつけられた弱小貧乏藩が知恵と工夫で立ち向かう、斬新で痛快なストーリー。前作では、江戸への“参勤”を達成した磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷藩だったが、今回は故郷に帰る“交代”の途中に藩で一揆が勃発し、ついには城が奪われる大ピンチに見舞われる様子が描かれる。

 会見にはそのほか、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、六角精児、陣内孝則、西村雅彦、本木克英監督も出席した。
関連リンク
斉藤和義、映画主題歌書き下ろし
超高速!参勤交代 続編の映像解禁
古田新太、大岡忠相役に「鼻高々」
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.