ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
遠藤要、違法賭博報道で謹慎処分 所属事務所が発表「反省を促す」
2017/02/09 15:08

写真をもっとみる
 俳優の遠藤要(33)が、あす10日発売の『FRIDAY』(講談社)で、違法営業の遊技場で違法賭博を行ったと報じられることを受け、所属事務所は9日、謹慎処分にすることを発表した。

 書面では「今週発売の週刊誌にて、遠藤要が違法営業の遊技場に赴き違法賭博を行ったと報じられております。報道を受け、本人に対しての事実確認を行った際に該当遊技場に入店していたことが発覚しました」と報告。

 経緯について「初回の入店の際には違法賭博ではない旨を店のスタッフに確認した上で遊技に興じたようですが、日を改めて再訪した際に金銭を賭けることを店の従業員から誘われそこで違法賭博を行う店だと気付き、その場で退店した次第であります」と説明した。

 これに対し事務所は「本人が、違法賭博を目的とした遊技場に足を踏み入れてしまい、このような騒動に発展してしまったことに対する社会的な責任を重く受け止め、弊社としましては遠藤要を当面の間、謹慎処分にし、充分な反省を促したいと考えております」とし「多大なるご迷惑をお掛けすることを心よりお詫びすると同時に二度とこのようなことがないように一層努めていく所存でありますので御理解を賜りまりすよう何卒よろしくお願いします」と伝えている。

 遠藤は、三池崇史監督の映画『クローズZERO』(2007年)のオーディションで、約800人のオーディションを勝ち抜き、デビュー。ドラマ『ROOKIES』(TBS)では不良グループのリーダー役で注目され、その後は不良、ヤクザ、犯人から捜査員までさまざまな役で多数のドラマ・映画に出演。プライベートでは、2014年12月25日に一般女性と結婚し、15年9月に第1子となる男児が誕生している。
関連リンク
狩野英孝、無期限謹慎で更生誓う
狩野英孝が謝罪会見 謹慎処分発表
吉村崇、ラスベガスで300万負ける
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.