ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』10周年 三村が生涯継続誓う「死ぬまでできる」
2017/04/15 20:32

写真をもっとみる
 お笑いコンビ・さまぁ〜ずのテレビ朝日系トークバラエティー番組『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』(毎週木曜 深2:21)の10周年突破記念番組『さま×さま10周年突破!視聴者が選ぶベストトーク賞3時間SP!』(CSテレ朝チャンネル1日、29日 午後2:00)の収録が15日、都内で行われた。囲み取材に応じた大竹一樹と三村マサカズは番組の半永久的な継続を宣言した。

 同番組は2007年の開始以来、放送約480回を数える同局の人気バラエティー。観客を前に2人の日常を切り取ったトークライブを番組開始から10年、変わることなく続けている。

 あらためて10年という月日を振り返ると大竹は「言われると、そうかっていう感じ。意識していることなない」と話したが「この手の番組で10年やらせていただくことはすごいですよね。今だったら、こういう番組はなかなか始めることもできない」と感慨深げ。現在、中学校2年生の長男がおむつをしている話をしていたことを懐かしがった三村も「気がつきゃ10年。長いようで短い」と話した。

 大竹は結婚し子どもができるなど私生活で大きな変化もあった。妻・中村仁美を怒らせるようなトークも多数経験するなどしたため、大竹は「消してくれって言った。当時の気持ちで言っているのでキツめですね。振り返らなくていいよ」とぽつり。三村も八重歯の矯正やホクロの除去など外見に変化が生じていて「美容のことを気にしちゃう。モザイクかけといて。整形バレしちゃってるから」と恥ずかしそう語っていた。

 今後の目標は番組の半永久的な継続だ。三村は「ラッキーなことに最悪、座ってでもやれる。座談会みたいな。ということは死ぬまでできます」と宣言。大竹も「できる限りやりたい」と賛同した。当面の目標として三村は「来年、娘が成人式を迎える。娘が結婚して孫ができるまで」と区切りを語った。理由について「娘が40歳まで独身だった場合、一生に近い」と苦笑いでトークし、報道陣を笑わせていた。会見では30年後の2人のイメージ写真を用意。服装は変わらず、顔だけふけた写真に三村は「カジュアルでいるんですかね」と笑っていた。

 会見の司会を務めた同局の大熊英司アナから「『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』に声をかけるとしたら」という浅田真央の引退会見をまねた無茶振り質問も飛ぶなど、終始2人の仲のよさが感じられる会見となった。10周年記念番組では「さまぁ〜ずの身体にガタが来た」「さまぁ〜ずと周りのあの人」「さまぁ〜ずと家族のあれこれ」の3つのテーマのランキングを発表。収録で改めて懐かしのトークを見た2人は「どのシーンでもひどい」と苦笑いするばかりだった。
関連リンク
さまぁ〜ず、新番組へ意気込み
『トゥルルさまぁ〜ず』がVRに
さまぁ〜ず『さまスポ』4月開始
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.