ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
来月還暦の大竹しのぶ、14歳少年役に不安「おばさんが何か頑張って…」
2017/06/21 10:23

写真をもっとみる
 女優の大竹しのぶ(59)が21日、都内で行われたミュージカル『にんじん』の製作発表記者会見に出席。今年7月に60歳の誕生日を迎える大竹は、14歳の少年・にんじん役を演じることについて「還暦だから何か面白いことをやろうと思ったのがきっかけ」と話し、自虐を交えながら意気込みを語った。

 大竹が、22歳の時に務めたにんじん役を38年ぶりに演じる。劇中衣装でのスチール撮影では、カメラマン・篠山紀信氏から絶賛されたというが「出来上がったもの(写真)を見たらふざけてるなと。これでお客様が来てくれるのか正直、不安です。おばさんが何か頑張って、おばさん楽しいことあったの? みたいな感じですよ」とポツリとつぶやき笑いを誘っていた。

 同舞台は、愛に飢え、逆境にめげず成長してく少年・にんじん(大竹)と、家族のそれぞれの目線で物語を展開する。8月1日から27日まで東京・新橋演舞場、9月1日から10日まで大阪・松竹座で上演される。

 今作で大竹と初共演を果たす中山優馬(23)は、にんじん(大竹)の兄役を務める。「一生に一度しかない経験。一生懸命にやらせていただきます」と気合十分に語り、大竹の少年役には「違和感がなかったです。その人の兄としてしっかりと生きようという意気込みです」と笑顔で話した。

 会見にはそのほか、キムラ緑子(55)、宇梶剛士(54)が出席した。
関連リンク
【紅白】大竹しのぶが涙の熱唱
大竹しのぶ、おばあちゃん役に複雑
大島優子、大竹しのぶと共演に喜び
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.