ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
宮澤エマ、ブロードウェイで活躍が夢 話題のミュージカルを猛アピール
2017/10/12 20:44

写真をもっとみる
 女優の宮澤エマ(28)が、11月10日より都内(YEBISU GARDEN CINEMA/ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場)でアジア初上映されるブロードウェイミュージカル『アリージャンス』映像版の応援アンバサダーに就任。国内のミュージカル界で活躍する自身の立場から、同作の魅力について熱いコメントを寄せた。

 大人気TVシリーズ『スター・トレック』ヒカル・スールー役で世界中にファンを持つ“世界で最も有名な日系人俳優”ジョージ・タケイの実体験を元に描かれる作品。自由の国アメリカが犯した史上最悪の政策と呼ばれている失われた歴史の1ページ、第二次世界大戦下の日系人強制収容所が舞台となっている。

 来月10日から12日にかけての上映会にはタケイのはか、今ブロードウェイで注目されている若手プロデューサーのロレンゾ・シオーネ氏、そしてキャストが来日しての舞台あいさつ登壇が決定。アンバサダーを拝命した宮澤も、今後ジャパンプレミア成功へ向け、各種プロモーション活動、舞台あいさつ、関連イベントへ参加していく。

 宮澤は「『アリージャンス』は、アジア系スタッフ・キャストがメインとなり制作されたミュージカルであり、ブロードウェイでも大きな話題になりました。主演はなんと、私も大好きなブロードウェイスター! トニー賞も受賞しているレア・サロンガ! そして、今、ブロードウェイで上演中の『アラジン』にアラジン役で出演しているテリー・リアン! さらに、ジョーイ・タケイさんも出演しており、アジア系ミュージカルスターの夢の共演! という本当に豪華な作品です」と見どころを熱弁。

 さらに「私自身、ブロードウェイで活躍することは夢であり、とても勇気をもらいました」と感動を語り「また今の世界で起きている出来事を見ているとこの作品の持つメッセージは今私たちが知るべき、考えるべきものだと強く感じます。ミュージカルファンだけでなく、すべての方々に観ていただきたい作品です」と呼びかけている。
関連リンク
トリバゴCM美女、ブレイクに感激
市川猿之助が左腕骨折「元気です」
堂本光一、衰えぬ体力に周囲驚がく
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.