ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
『M-1グランプリ2017』とろサーモンが優勝 ラストイヤーで13代目王者に
2017/12/03 22:05

写真をもっとみる
 漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2017』(ABC・テレビ朝日系)が3日に生放送され、とろサーモンが優勝し、13代目王者に決定した。4094組の頂点に立ち、優勝賞金1000万円を獲得した。2002年にコンビを結成し、今年は出場資格ギリギリの15年目。ラストチャンスでみごと栄冠をつかんだ。

 トロフィーと賞金を受け取ると村田秀亮(38)は「ほんと、ずっとつらい思いをしてきたので。売れないまま終わっていくのかと思っていたけど…。本当にありがとうございます!」と感慨深げ。相方の久保田かずのぶ(38)は「ジーザス! ありがとう神よ!」と両手を広げ喜びを爆発させた。

 ファイナルはジャルジャル、かまいたち、カミナリ、マヂカルラブリー、ミキ、さや香、とろサーモン、和牛、ゆにばーす、敗者復活戦から勝ち上がったスーパーマラドーナの10組が出場。ネタ披露の順番が「笑神籤(えみくじ)」による抽選で直前まで決まらないシステムを採用され、出場者たちは常に舞台裏で待機。審査員たちも口をそろえて「これは厳しい」と同情する中、記念すべきトップバッターはゆにばーす、トリはジャルジャルとなった。

 笑神籤(えみくじ)によって例年以上に緊張感の高まったファーストラウンドは、高得点順に和牛(653点)、ミキ(650点)、とろサーモン(645点)の3組がファイナルラウンドに駒を進めた。

 同大会は「日本一の漫才師を決める大会」として2001年にスタート。2010年の第10回開催で一旦終了し、一昨年5年ぶりに復活した。司会はお笑いタレントの今田耕司と女優の上戸彩が担当し、審査員はオール巨人、松本人志、上沼恵美子、中川家・礼二、博多大吉、春風亭小朝、渡辺正行の7人が務めた。

■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】
2001年度 中川家【1603】
2002年度 ますだおかだ【1756】
2003年度 フットボールアワー【1906】
2004年度 アンタッチャブル【2617】
2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】
2006年度 チュートリアル【3922】
2007年度 サンドウィッチマン【4239】
2008年度 NON STYLE【4489】
2009年度 パンクブーブー【4629】
2010年度 笑い飯【4835】
2015年度 トレンディエンジェル【3472】
2016年度 銀シャリ【3503】
関連リンク
銀シャリが『超会議』に出演
銀シャリ・鰻、M-1賞金で借金返済
山崎ケイ、ドラマ単独初出演
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.