ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
ダンプ松本、プロレス再興への想い明かす 引退のタイミングは「あと3年は…」
2018/01/07 18:43

写真をもっとみる
 プロレスラーのダンプ松本が7日、FRESH!公開生放送『アイドルにさせといて!』で、久々にアイドル番組への乱入を果たし、その後会見を行った。いまも現役レスラーとして一ヶ月5試合ほど出場しているダンプだが、今年の抱負を聞かれると「歌って踊れるアイドルになります」と冗談めかしながら「少しでもお客さんが入ったところで選手に試合をさせてあげたい。そのために力を貸したい」とプロレス再興への熱い想いを明かした。

 ダンプは「10年、15年くらい(ブームが)ない。今は新日本とか男子レスラーが、かっこいい男が筋肉があるっていうので人気があるんだろうけどもうちょっとプロレス的にもう一度、盛り上がって欲しい」と複雑な心境を告白。「少しでも盛り上がってお客さんにきてもらうことが目標です」と改めて掲げた。

 昨年に膝をけがして手術をしたことからお酒を控えているそうだが「ビール1ケースは飲めますね!」と元気いっぱい。「自分はジャガー横田さんが引退するまで一年でも多く引退を延ばして頑張ろうと。あと3年で40周年で還暦でオリンピック。あと3年は頑張ろうと思います」と気持ちを新たにしていた。

 80年代に放送された『夕やけニャンニャン』でMCの片岡鶴太郎と対決し、おニャン子クラブのメンバーを泣かせたというエピソードを持つダンプだが、この日も突然の登場で思わず泣いてしまう出演者も。

 MCは池田裕子、河上英里子(A応P ZERO)が務め、そのほかはアイドルグループ・ミラクルキャンディーベリー+など若者に囲まれたダンプに報道陣が「お孫さんに近いような…」と茶化すと「ぶっ飛ばす!」と竹刀を掲げて牙をむいていた。
関連リンク
アプガ(プロレス)リングデビュー
あっかんべー動画 アイドルも登場
『ラストアイドル』2ndシーズンへ
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.