ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
杉咲花主演『花のち晴れ』“大人”キャストに菊池桃子、滝藤賢一、高岡早紀ら
2018/03/14 05:00

写真をもっとみる
 女優・杉咲花が主演する4月17日スタートのTBS系連続ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(毎週火曜 後10:00)の追加キャストが決定。杉咲をはじめ、King & Prince・平野紫耀、中川大志ら今注目の若手俳優が集合する学園ドラマとなるが、このほど菊池桃子、滝藤賢一、高岡早紀、木南晴夏、堀内敬子、テット・ワダ、志賀廣太郎ら魅力的な“大人”の出演者たちが発表された。

 同ドラマは原作コミック、ドラマ・映画ともに大ヒットした『花より男子』の新章。映画版公開から10年を経ての新世代ストーリーとして落ち目になった英徳学園を舞台に、人に言えない“ヒミツ”を抱えたキャラクターたちが巻き起こす「自分らしく生きる」ことがテーマの痛快青春ラブストーリー。

 主人公で父の経営する化粧品メーカーが倒産したことにより庶民に転落してしまった江戸川音(杉咲)の母・江戸川由紀恵に菊池、セレブ軍団C5のリーダーで“第二の道明寺”を演じている神楽木晴の父・巌を滝藤、音の婚約者で英徳学園を猛追する、ライバル校の桃乃園学院の生徒会長・馳天馬(中川)の継母・利恵を高岡が演じる。この他にも“隠れ庶民”の音がバイトをしているコンビニの先輩店員・紺野亜里沙に木南、天馬の実の母親・美代子役には、堀内、天馬の父・一馬役にテット・ワダ。神楽木家を支える執事・小林孝蔵に志賀らが起用された。

 音と二人でオンボロなアパートで貧乏暮らしを強いられているが、裕福だった時の暮らしを忘れられず、行き過ぎた行動で、しばしば音に叱られる由紀恵、音と天馬の婚約を破棄させたいと考える利恵、道明寺財閥と肩を並べる日本三大財閥の一つ、神楽木ホールディングスの若き会長で自分が先代からそうされたように、晴に対してあらゆるテストを課す巌と晴の関係性など物語に波乱を巻き起こしそうだ。

 菊池は「若者が輝く学園ドラマですが、大人キャストも魅力的に輝いて作品を盛り上げていきたいと思います。ドラマの中では娘の音ちゃんを愛情で包み込み、親子の絆もしっかりとお伝えしつつ、“花男” “花晴れ”が創り出すきらめくストーリーを楽しみながら丁寧に演じさせていただきたいと思っています」と意気込んでいる。
関連リンク
杉咲花、20歳前に打ち上げが楽しみ
杉咲花、駅員役に初挑戦
杉咲花が『ほん怖』初出演「ラストは思わず鳥肌」
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.