ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
坂上忍「フジテレビらしい“お祭り番組”」に手応え 新井浩文には親近感
2018/04/02 11:00

写真をもっとみる
 フジテレビ系列では2日、午後7時から4時間超にわたり、4月スタートの新ドラマと新バラエティーの出演者たちが“目利き”をテーマにしたクイズで競い合う『FNS番組対抗 オールスター春の祭典 目利き王決定戦』を放送。昨年10月に続く2回目で、坂上忍、ウエンツ瑛士、山崎夕貴アナウンサーがMCを務める。坂上は「フジテレビさんによる、フジテレビさんらしい“お祭り番組”ができました! いろいろな役者たちの素顔も見られると思いますので、ぜひ楽しんでいただけたらうれしいです」と手応えをにじませている。

 今回の出演者は、“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』チームから長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、“火9”ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』チームから坂口健太郎、北村一輝、池田鉄洋、“木10”ドラマ『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』チームからディーン・フジオカ、大倉忠義、山本美月、新井浩文、高橋克典、オトナの土ドラ『いつまでも白い羽根』チームから新川優愛、伊藤沙莉、加藤雅也。三谷幸喜SPドラマ『黒井戸殺し』チームから遠藤憲一、斉藤由貴、秋元才加。

 バラエティー合同チーム(『林修のニッポンドリル』、『梅沢富美男のズバッと聞きます!』、『直撃!シンソウ坂上』、『世界!極タウンに住んでみる』)から梅沢富美男、林修、東野幸治もスタジオに集結。“助っ人芸人”である、トレンディエンジェル(斎藤司、たかし)、森三中・黒沢かずこ、椿鬼奴、アンガールズ(山根良顕、田中卓志)、カミナリ(竹内まなぶ、石田たくみ)、平成ノブシコブシ(吉村崇、徳井健太)、バイきんぐ・小峠英二、千鳥・ノブも各チームに振り分けられて、参戦する。

 各チーム3人がそれぞれエピソードを披露し、他のチームがその3人の中でウソのエピソードを話している人物を当てる『演技力クイズ ウソをついているのは誰!?』では、ドラマで信用詐欺師役を演じる月9チームの長澤、東出、小日向が、ドラマの役柄同様に、他チームの面々をだますことができたのか。また、スタジオでは新川、秋元が“あること”で大号泣するという一幕も。

 目玉企画は初実施となる同局本社屋をまるごと使って行う『ボーナスステージ:逆転チャンス! 逃走中 in 目利き王』では、各チームの代表選手が1人ずつ『逃走中』に挑戦、ハンターから逃げることができた時間に応じて、ボーナスポイントがそれぞれのチームに加算さる。各チームの代表選手として出場したのは、小日向文世、遠藤憲一、池田鉄洋、アンガールズ・田中、カミナリ・まなぶ、バイきんぐ・小峠の6人。初挑戦となる64歳の小日向、56歳の遠藤らベテラン俳優とハンターのし烈な戦いが繰り広げられる。

 出演者が本気でクイズに取り組む姿を目の当たりにした坂上は「それが、一番、僕ら側が求めていることなので、本当に良かったです。助っ人の芸人の方々まで、本気になっていましたね(笑)。何気に、新井(浩文)くんあたりが、正解できないと本気でムッとされていて(笑)。でも、勝負事ですから、非常にいいことです。新井くんは、どこかギャンブラーな一面があって、血が僕に近いなと(笑)」と親近感を感じていた。
関連リンク
長澤まさみ、高橋一生の誕生日祝福
坂口健太郎、初写真集は1年間撮影
中条あやみ、音楽Dの手紙に涙
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.