ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
ひふみん、健康の秘訣明かす「くよくよしないこと!」
2018/04/13 19:14

写真をもっとみる
 元プロ棋士で“ひふみん”の愛称で馴染みの加藤一二三、元AKB48でタレントの増田有華らが9日、都内で行われた『鍼灸の日』イベントに出席。62年の棋士生活を振り返り、疲労について加藤は「13時間くらい対局しても疲れたという事は一度もない。気になるのは血糖値だけ」と豪語し笑いを誘った。

 一般社団法人・日本鍼灸協会は4月9日を『鍼灸の日』に制定。鍼灸への更なる理解を深めるべくゲストを招き、トークイベントと、美容鍼灸のデモンストレーションが行われた。実際に美容鍼灸を受けた増田は「血行が良くなったから、見えてなかったけれど鍼を刺した所が分かる」と驚きを隠せない様子。

 また、この日登壇したモデルの黒木麗奈と田辺かほも同様に美容鍼灸にチャレンジ。「目が開きやすくなった。鍼が刺さっていた所がシュッてあがった。これからも続けたい!」(田辺)、「視界が明るくなって、ぼやけがなくなった。全然痛くなく、気持ち良かった」(黒木)と、それぞれ美容鍼灸の効果をアピールした。

 そして、現在78歳となる御大・ひふみんも軽快なトークで会場を大いに沸かせた。プロ棋士生活で、2500局以上の対局をこなしてきたひふみんだが、「疲労困憊っていうことが一回もない!」と笑顔で豪語。健康の秘訣については「睡眠を多いときには10時間ぐらい取るようにしています。そして出来たら食事を3食取る。あまりくよくよしない」と明かす。さらに、落ち込むことは「全くありません」と言い切り、会場を沸かせた。

 さらにひふみんは「5人の主治医から何の問題もないと太鼓判をもらっている」と自信たっぷりにアピール。だが、大の甘党だけに「気になるのは血糖値だけ」とオチをつけ、会場を最後まで“ひふみんワールド”に染めていた。
関連リンク
加藤一二三、急性胆のう炎で手術
加藤一二三、テレビCM初出演
増田有華、フェロモンボディを開放
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.