ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
ジャニーズJr.高地優吾、先輩・二宮と初共演 『ブラックペアン』第3話に出演
2018/04/24 04:00

写真をもっとみる
 ジャニーズJr.内ユニット・SixTONES(ストーンズ)の高地優吾(高は梯子高)が、5月6日放送のTBS系連続ドラマ『日曜劇場「ブラックペアン」』(毎週日曜 後9:00)第3話に出演することが、わかった。

 所属事務所の後輩である高地と初共演となる主演の二宮は「高地くんには、歌番組でちょっと付いてもらったことがあったかな。ドラマに出るのは4年ぶりだと言っていたけれど、お芝居がいいからゲストに起用されたんだと思います。僕が演じる渡海はあまり病室に行かないのですが、今回は(高地演じる)隼人の病室に行くシーンがあります。それは珍しいかもしれないですね」と、どのような掛け合いを披露するのかに注目だ。

 同ドラマは『チーム・バチスタの栄光』を代表作に持つ作家・海堂尊氏の小説『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)を実写化。二宮演じる、天才的な手技(縫合技術)を持つがその傲慢な性格と言動で同僚から「オペ室の悪魔」と恐れられている外科医・渡海征司郎(とかい・せいしろう)が、勤務する大学病院で「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が導入されようとしたことをきっかけに、外科医としてのプライドを守ろうと嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に立ち向かう医療エンターテインメントドラマ。

 地が演じるのは、音大生の田村隼人。アメリカで開催されるピアノコンクールへの出場を控えているものの、僧帽弁閉鎖不全症のため、早期に回復できるスナイプ手術を求め、東城大にやってくる。厚生労働省の次期事務次官候補とされる父によりVIP待遇の隼人は早々に手術の日程が決まり、高階(小泉孝太郎)が執刀医を務めることに。最新医療機器であるスナイプを使った手術を推進する自身のプライドを守るため、また、特別な患者であるため万全の準備をする高階だったが、隼人にはある重大な問題が隠されており・・・。

 第3話では高地のほかにもゲストとして日本を代表するソムリエ・田崎真也と気象予報士の依田司の出演が決定。田崎は民放ドラマ初出演、依田はドラマ初出演となる。田崎が演じるのは、僧帽弁狭窄症を患って東城大に入院してきた楠木秀雄。単なる一人の患者として入院してきた楠木だが、今後のキーパーソンとなる役どころ。依田は高地演じる隼人の父・浩司役に起用。二宮は「スリリングな展開ですよ(笑)。人間関係もそうですが、医療業界の利権の話も出てきます。また、同時に2つの手術と向き合っていくというのもみどころだと思います」と紹介している。
関連リンク
嵐・二宮の外科医ぶりを原作者絶賛
『検察側の罪人』ポスター公開
嵐・二宮、親孝行は「まだ」
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.