ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
ハリウッドにミレニアム・ファルコンが着陸 映画『ハン・ソロ』ワールドプレミア
2018/05/12 22:02

写真をもっとみる
 米ロサンゼルス・ハリウッドで現地時間10日に行われた、映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のワールドプレミア。レッドカーペットのため、封鎖されたハリウッド大通り(有名スターの名前入り星型プレートが埋め込まれた歩道がある)には、“不時着”したかのようなほぼ実物大のハン・ソロの愛機「ミレニアム・ファルコン」が圧巻の存在感を放っていた。

 約400メートルにも及ぶ長いレッドカーペットには、ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクを始めとする出演者やロン・ハワード監督らスタッフ、そして、“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルや、オビ=ワン・ケノービを演じたユアン・マクレガー、そしてシリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスも登場。

 同映画は、「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクターの一人、ハン・ソロが、シリーズ第1作『エピソード4/新たなる希望』(1977年)でルークとレイアに出会う前、生涯の相棒チューバッカとの出会いと絆が生まれるまでの物語。同時に、ランド・カルリジアンが所有していたミレニアム・ファルコンをハン・ソロが手に入れるまでの知られざる冒険の物語でもある。映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の全米公開は5月25日、日本公開は6月29日。

■レッドカーペットに登場した主なキャスト&スタッフ

 ハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライク。危険な冒険へとハンを導くベケット役のウディ・ハレルソン、ハンの幼なじみで多くの謎をまとったキーラ役のエミリア・クラーク。ハンの悪友でランド・カルリジアンの若き日を演じるドナルド・グローヴァー。

 ベケットの長年のパートナー、ヴァル役のタンディ・ニュートン。冷酷な新進の犯罪組織を率いるドライデン・ヴォス役のポール・ベタニー。ランドの相棒的存在の女性型ドロイドL3-37役のフィービー・ウォーラー=ブリッジ。チューバッカ役のヨーナス・スオタモ。

 映画『ビューティフル・マインド』(2001年)でアカデミー賞監督賞を受賞、『ダ・ヴィンチ・コード』(06年)をメガヒットに導いたロン・ハワード監督。『エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)、『エピソード6/ジェダイの帰還』(83年)、『フォースの覚醒』(2015年)の脚本を手掛けたローレンス・カスダンと息子のジョナサン・カスダン。

 製作のサイモン・エマニュエル。製作総指揮をとったジェイソン・マクガトリン。ハン・ソロのテーマ曲や「スター・ウォーズ」のオリジナル曲を作ったジョン・ウィリアムズ。本作の音楽を新たに作曲、編曲を手掛けたジョン・パウエル。ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディなど。

■特別ゲスト

 ジョージ・ルーカス、マーク・ハミル、ユアン・マクレガーのほかに、『最後のジェダイ』を監督したライアン・ジョンソン。オリジナルでランド・カルリジアンを演じたビリー・ディー・ウィリアムズ。エピソード4〜6、『フォースの覚醒』までチューバッカを演じたピーター・メイヒュー。『エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)でダース・モール役として出演したレイ・パークなど。
関連リンク
映画『ハン・ソロ』世界初上映
若きハン・ソロ吹替声優に前野智昭
映画『ハン・ソロ』日本版ポスター
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.