ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
竹内結子、映画『旅猫リポート』で福士蒼汰と初共演「細かい気配りをしてくれる方」
2018/05/29 07:00

写真をもっとみる
 女優の竹内結子が、有川浩氏の小説を実写化する映画『旅猫リポート』(三木康一郎監督10月26日公開)に出演していることが28日、わかった。福士蒼汰演じる主人公・悟を幼少期から見守る叔母・法子を演じ、物語の鍵を握る重要な役どころ。福士とは今回が初共演となり、「相手に無理させないようすごく穏やかに、細かい気配りをしてくれる方で、現場はとても居心地がよかったです」とコメント。猫も一緒に写った3ショットが公開された。

 元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟(福士)に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探すため、ナナと一緒に、小学校時代の親友や初恋の人など、これまでの人生で出会った大切な人たちを訪ねる旅に出る。

 原作者の有川氏は、過去のインタビューで「一生に一本しか書けない物語」と表現するほど思い入れの強い作品で、自ら脚本開発にも参加。ナナの心の声を高畑充希が担当している。

 竹内は「以前、実家で猫を飼っていたこともあり、猫は大好きで、オファーをいただいた時はまずうれしかったです」と参加を喜び、「スタッフ全員がナナに無理をさせない意識を持っていたので、適度な緊張感と優しいまなざしに包まれた現場でした」と振り返っている。

 初共演した福士は「とても包容力のある方だと感じました。お芝居をさせていただいている中で、竹内さん演じる法子のまとう女性の繊細さと強さの両面に、悟として大きな影響を受けました」と語っている。
関連リンク
福士蒼汰の笑顔のヒミツ
福士蒼汰主演『BLEACH』特報解禁
福士、左足の小指にひびも撮影快調
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.