ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
東山紀之、加藤剛さんしのぶ「優しい眼差しは今でも忘れられません」
2018/07/09 21:25

写真をもっとみる
 胆のうがんのため6月18日に亡くなった俳優の加藤剛さん(享年80)の訃報を受け、少年隊の東山紀之が9日、所属事務所を通じて追悼コメントを発表した。

 加藤さんからTBS系時代劇『大岡越前』の大岡忠相を引き継いだ東山は「加藤剛さんの代表作である大岡越前を縁あって引き継がせて頂き、昨年は共演までさせて頂きました。撮影中には、食事をご一緒させて頂き、俳優陣を前に様々な話をして下さった時に、新しい大岡越前を認めて下さったようにも思いました」と振り返り「その時の優しい眼差しは今でも忘れられません。剛さんに安心してもらえるよう頑張っていきます。天国から見守って下さい」としのんだ。

 加藤さんは1938年生まれ、静岡県出身。早稲田大学文学部演劇科から60年に俳優座の養成所入り。野村芳太郎監督の映画『砂の器』(74年)の和賀英良役で注目を集め、『大岡越前』(70年〜)では主人公・大岡忠相を演じ自身の代表作となった。

 『大岡越前』は99年まで放送され、加藤さんは30年もの間、忠相役を務め上げた。2013年には東山が忠相役を引き継ぎ、昨年1月にはNHK・BSプレミアム『大岡越前スペシャル』にゲスト出演し、東山との新旧共演が話題を呼んだ。
関連リンク
FANTASTICS・中尾翔太さん死去
漫画家・佐藤タカヒロさん死去41歳
落語家・桂歌丸さん、81歳で死去
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.