ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
磯村勇斗、19歳脚本&監督ドラマに主演 白石聖・志田未来も出演
2018/08/09 08:11

写真をもっとみる
 俳優の磯村勇斗が、CS放送「フジテレビONE/TWO/NEXT」が行う高校生を対象に募集した脚本・演出家才能発掘プロジェクト、第5回「ドラマ甲子園」の大賞受賞作品『キミの墓石を建てに行こう。』で主演を務めることが明らかになった。2017年前期連続テレビ小説『ひよっこ』で注目を浴びた磯村だが、今回がテレビドラマ初主演となる。

 脚本&監督を務めるのは、長野県在住の宮嵜瑛太さん(19)。磯村が演じるのは、無気力だった自分に活力を与えてくれた少女・梨花の願いをかなえようと動き出す主人公の青年・片瀬奏。さらに、梨花を慕う後輩で、片瀬と梨花の関係を快く思っていない石川奈々役に、日本テレビ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』でレギュラー出演していた白石聖。そして、片瀬に生きる活力を与えた常に前向きで明るい性格の朝田梨花役には志田未来が決定した。

 3人とも初共演のフレッシュなキャストとプロのスタッフ陣で、19歳監督作品を一緒に作り上げていく。また、この作品は10月28日(後7:30〜8:30)に「フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart」で放送されることも決定した。

■磯村勇斗のコメント
 「今回、ドラマ甲子園に出演させていただくこと、うれしく思います。10代という若さあふれる監督さんと一緒に作品作りができる機会はとても貴重なので、監督の宮嵜さんはじめ、キャスト、スタッフさんとコミュケーションを取りながら、初めて監督をする、宮嵜さんの思いを大切にしたい。そして、作品の内容も、繊細で、印象的なせりふが多いので、大事に、丁寧に片瀬を演じていきたいです」

■白石聖のコメント
 「初めて脚本を読んだとき、私と同世代の方が書いた物語だということに改めて衝撃を受けました。登場人物がみんな魅力的で、特に奈々は個人的にも一番感情移入してしまった人物です。私自身経験がまだ浅いですが、10代最後の撮影にもなるので、キャストの皆さん、そして監督やスタッフさんと共に大切に向き合いながら臨みたいと思います」

■志田未来のコメント
 「太陽のような底抜けに明るい女の子、朝田梨花を演じさせていただきます。梨花が発する言葉はどれもキラキラと輝いています。そんな素敵なせりふを書いてくださった、若き才能あふれる宮嵜監督との撮影も今から楽しみです。ひとつひとつのセリフを大切に演じていきたいです」
関連リンク
第4回『ドラマ甲子園』受賞者発表
フジ、若き才能伸ばす「ドラマ甲子園」の取り組み
『ドラマ甲子園』大賞作品が放送
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.