ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
沢口靖子がシャーロック・ホームズに!? 『科捜研の女』のワンカット
2018/09/13 22:00

写真をもっとみる
 女優の沢口靖子が主演するテレビ朝日系人気ドラマシリーズ『科捜研の女season18』(毎週木曜 後8:00)が10月18日よりスタート。それに先駆け、同14日の日曜プライム枠で『科捜研の女スペシャル』(後9:00)が放送される。そのスペシャルから、「衝撃的なワンカット」が公開された。

 沢口が演じる京都府警科学捜査研究所の榊マリコが、シャーロック・ホームズを象徴する鹿撃ち帽をかぶり、虫眼鏡まで手にするなど、まさに名探偵気取り。沢口は「『科捜研の女〜マリコ、“名探偵"になる』とサブタイトルを唱えながらチャレンジしてみました(笑)。ドラマのその後の展開を彷彿とさせる楽しいカットになっているかと思います。ぜひご期待ください!」と、楽しんだ様子。一体どのような流れで登場するのか?

 『科捜研の女スペシャル』では、華々しい結婚披露宴にウェディングドレスを鮮血に染めた花嫁が…という息を呑むシーンから幕を開けるストーリー。「劇中劇」としてのミステリーや、突然視聴者に向けて出題される「パズル」など、これまでになかった仕掛けも登場する。そして、マリコに史上最大の危機が?? 想像もつかない奇想天外な展開で楽しませてくれそうだ。

 さらに『科捜研の女』の「season2〜4」まで、プロファイラーとしてマリコの良き相談相手として登場していた武藤要が久々に登場。土門刑事役の内藤剛志が一人二役で演じる。ほかに、宅間孝行、小堺一機、話題の映画『カメラを止めるな!』のヒロイン・秋山ゆずきがゲスト出演する。
関連リンク
カメ止め!旋風『科捜研の女』にも
『科捜研の女』第18シリーズ決定
『科捜研の女』「どもマリ」に萌え
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.