ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
遠藤憲一、『ドクターX』のスピンオフ初参戦「忘れられないようにしないと」
2018/09/15 06:00

写真をもっとみる
 俳優の遠藤憲一が、動画配信サービス「ビデオパス」「テレ朝動画」できょう15日より配信開始されたドラマ『ドクターY 外科医・加地秀樹〜遙かなる教授選〜』に特別出選する。

 同ドラマは、米倉涼子主演の大ヒットシリーズ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』に登場した勝村政信演じる外科医・加地秀樹を主役に据えたスピンオフシリーズ第3弾。“腹腔鏡の魔術師”と呼ばれるほど腕は確かなのに、残念ながら金にはどこまでも汚い加地の活躍(?)を描く。

 これまで出世には一切関心を示さなかった加地が、最新作では何を血迷ったか「教授選」に出馬することに。教授選のカギとなる“清き一票”を握る清廉潔白な最年少教授・富士宮小百合(りょう)や、教授選の対抗馬となる外科医・鶴田匠(野間口徹)らを相手に、“どんでん返し続きの異色ドラマ”を展開する。

 『ドクターY』シリーズといえば、米倉や岸部一徳ら『ドクターX』のメンバーが特別出演することも魅力のひとつ。これまで皆勤賞の米倉&岸部とともに、第1弾では加地の盟友・原守を演じる鈴木浩介が、第2弾ではアメリカ仕込みのスーパードクター・北野亨を演じる滝藤賢一が特別出演し、大きなインパクトを残した。第3弾には、加地と肩を並べる“愛されキャラ”、「御意」のエキスパート・海老名敬を演じる遠藤憲一が、満を持して初登場。思いっきり意表を突きながらも、“何とも海老名らしい(!?)場所”から顔を覗かせる。

 『ドクターY』への出演オファーを受けた際の感想を、「こっち(=『ドクターY』)は今年も最新作をやるんだって思った!」とオチャメに語る遠藤。『ドクターX』の撮影がない寂しさを実感してはいるものの、当然ながら“こっち”側への意欲も満々で、「忘れられないようにしないとね(笑)」とニッコリ。約1年ぶりに演じた海老名についても「面白いです。自分は普段、海老名ほどヘンテコじゃないけど、海老名の幼児性みたいなものは自分の中にもあるから、実は素に近い。無理してないから、やりやすいんだよね」と打ち明け、手応えを再確認していた。

 今回の海老名は、思わず“マジで!? そこかよ!”とツッコミたくなる、オトボケ度満載の場所に登場。加地と直接対面はせず、“とある空間”の中から加地と向き合い、数々の辛酸をなめてきた海老名らしいせりふで、物語に転換期をもたらす。この設定について「せっかくならもうちょっと加地くんと対面して芝居したかったけど、こういう登場の仕方も彼らしくていいかな(笑)」と遠藤。さらには“何だかんだ言って人のいい海老名”さながら、加地に対しても並々ならぬ思いを馳せ、「教授になることは大変だよね。加地くんは、本当は反勢力側にいた方がいい。でも、そのあたりで葛藤する部分が加地くんらしいし、今回のお話も面白いですよ」と、第3弾の魅力を語っていた。

 久しぶりに海老名を演じた遠藤は「今回、現場で会えたのは勝村くんだけだったけど、またみんなと会いたいな。今年はテレビ朝日で涼子ちゃんの新しいシリーズ(『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』10月スタート、毎週木曜 後9:00)が始まるけど、また『ドクターX』があることも期待してます!」と、全員そろって再会する日を願っていた。

 『ドクターY 外科医・加地秀樹〜遙かなる教授選〜』は、「ビデオパス」で9月15日より見放題独占配信中(全6話、毎週2話更新※「テレ朝動画」でも個別課金型配信)。

■番組公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-y/
関連リンク
『ドクターX』9・30 GP帯で再放送
『ドクターY』仲良しコメント
勝村政信主演『ドクターY』配信
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.