ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
永野芽郁から安藤サクラへ「朝ドラ」バトンタッチ 永野は『まんぷく』出演“直訴”
2018/09/20 14:57

写真をもっとみる
 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(月〜土曜 前8:00)の主演、永野芽郁(18)から次作『まんぷく』(10月1日スタート)で主演を務める安藤サクラ(32)へのヒロインバトンタッチセレモニーが20日、大阪・中央区の同大阪放送局で行われた。

 2人はこの日が初対面。安藤は「私が(『まんぷく』撮影のため)大阪で新生活がスタートしたときと同じくして『半分、青い。』が始まって、芽郁ちゃんのフレッシュさは私にはないなぁ、私はたくあんみたいだと思いながら一視聴者として引き込まれていきました」と永野を絶賛。「クランクアップが近づくと何だか寂しくて電報を打とうか、ハガキを出そうかと文面を考えていた。タイミングが合わず(送れなかったが)、今日は、バトンタッチというより、このことを伝えたかった」。

 永野も「そんな風に『半分、青い。』を見てくださってたなんてとてもうれしい。きょう初めて安藤さんにお会いして一瞬で『この人好きだぁ』と思えました。電報とかハガキとかいわず、あとで連絡先を交換しましょう」とにっこり。

 恒例のプレゼント交換では、永野から安藤へ番組でも登場した東濃名物・栗きんとんと、美濃焼のラーメンどんぶりを、安藤から永野へは、オリジナルパッケージの袋麺「半分、青い。ラーメン」と「まんぷくラーメン」を贈り合った。

 ラーメンが大好きという永野は「世界に一つしかないラーメンなんですね。うれしい〜」と大感激。「賞味期限ぎりぎりまで食べないで取っておいて、最後の夜に食べます」。安藤も「祖母が岐阜の多治見出身なんです。本当にうれしいです」と大切そうにラーメンどんぶりを手にした。

 その後、ヒロインだけが持てるというキラキラバトンを永野から安藤へ。安藤は「確かに受け取りました。(永野は)朝ドラを一緒に頑張った戦友のような存在。私も“たくあん”の良さを出していけたら」と改めて意気込んだ。

 朝ドラヒロインの先輩としてのアドバイスを聞かれた永野は「今日の安藤さんを見ていると私から言うことは何もありません。それより私も(『まんぷく』に)出たいです。ラーメンを食べる役とかで」と、まさかの“出演直訴”で笑わせた。

 『まんぷく』は、チキンラーメンやカップヌードルなどを開発した日清食品の創業者、安藤百福と妻、の半生がモデル。朝ドラ99作目となる。
関連リンク
星野源、8・20朝ドラ主題歌
『半分、青い。』本編を漫画“化”
ドラマで振り返る平成という時代
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.