ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
元メンズノンノモデル・山本直寛、愛憎劇の中で「癒しの存在になれたら」
2018/10/12 07:00

写真をもっとみる
 元メンズノンノモデルで俳優の山本直寛が、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』( 11月10日スタート、毎週土曜 後11:15)に、た主人公・通子(木村佳乃)と旬平(萩原聖人)の息子・一希役で出演することが明らかになった。

 同ドラマは、連城三紀彦氏の『隠れ菊』(集英社文庫)を原作に、料亭の御曹司で板長を務める夫・旬平と結婚して20年になる通子の前に突然、夫の愛人と名乗る女・矢萩多衣(水野)が現れるところから始まるラブ・サスペンス。夫の裏切りは“愛人”だけでなく“借金”も。通子は多額の負債で倒産寸前の料亭を、自らが女将となって立て直すことを決意する。

 大学進学を機に実家を出て、一人暮らしを始めたばかりの一希は、充実した学生生活を送る中でも、通子と上手に付き合えない妹の優美(井本彩花)の愚痴に付き合ってあげるなど、心優しい爽やか青年。通子が旬平と別れて新生「花ずみ」の女将になった際も、通子を心配して折りに触れ様子を見に訪れる。

 身長180センチ、“塩顔”と言われる山本は「クランクイン前に実際の学生さんたちの動きを見て研究もさせていただいたので、そこで感じた19歳の大学一年生ならではのキラキラした雰囲気を出したいなと思っています。あと木村さん演じる通子が最初に僕が想像していたよりもずっと明るい方だったので、その姿を見て育った一希としてもなるべく明るい要素を出していきたいです」と役作りを明かした。

 今作について山本は「たとえ激しいバトルになったとしても自分の目指すところを突き進む通子(木村)の生き方は、男の僕から見ても格好いいなと感じます」とコメント。また、そうした愛憎劇の中での自分の役割は「家族を温かくすること」と言い、「一希なりに家族を支えられるように。ドラマを見てくださる方にとっても癒しの存在になれるように演じられたらなと思っています」と強い意気込みを語っている。
関連リンク
井本彩花、木村佳乃の娘役で連ドラ
木村佳乃VS水野美紀で愛憎ドラマ
相葉雅紀、広末とのあらぬ疑い釈明
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.