ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
上川隆也×えなりかずきが初共演、『遺留捜査スペシャル』11・11放送
2018/10/24 06:00

写真をもっとみる
 俳優の上川隆也が主演し、7月期のテレビ朝日系木曜ミステリー枠で放送されていた刑事ドラマシリーズ最新作、『遺留捜査スペシャル』が11月11日(後9:00)に同局系で放送される。メインゲストとしてえなりかずきが出演。上川と初共演を果たし、「初日に斜めがけバッグを背負った上川さんにごあいさつした際、糸村さんにしか見えなくて、“テレビと一緒だ!”と感激しました(笑)。『遺留捜査』の世界の内側に入ることができてとてもうれしかったです」と内心、大興奮しながら演じたことを明かしていた。

 事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁。事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと、超マイペースで空気を読まない不思議キャラの刑事・糸村聡(上川)の活躍を描くシリーズ。

 今回の『遺留捜査スペシャル』で糸村たち特別捜査対策室のメンバーが挑むのは、滝つぼから修験道者の水死体が見つかった、という奇妙な事件。被害者が所持していた“トンビの羽”に興味を持った糸村は糸口を求めて滝つぼの上流にある“鳶が谷(とびがたに)”へ。そこは今なお“天狗伝説”が色濃く残る地で、周囲とは隔絶された異質な世界が広がっていた。その一方で京都府警のホストコンピューターが何者かに不正に侵入され、捜査資料がとある人物にハッキングされる事態も発生。“天狗伝説”と“ハッキング”、ある意味“対極”ともいえるような2つの断片が結びつく。

 えなりが演じるのは、鳶が谷にひっそりとたたずむ“つぐは村”を舞台にフィールドワークを行う民俗学者・杉田義明教授。遭難寸前だった糸村と出会い、捜査を手助けする重要な役どころを担う。えなりは「大学で民俗学の授業を取っていて、民俗学の先生方も生で見て、こういう学問の世界があるんだ〜と、漠然と受けていた授業が役に立ってよかったと思いました。また、ニコニコしているけど何を考えているかわからないという人物がわたくしの知り合いに2名ほどいて(笑)、その方々をイメージしながらやらせていただきました」と、役作りについて語っていた。

 もともと『遺留捜査』のファンで、「上川さん演じる飄々とした糸村刑事の、視聴者の予測を大きく超える推理力にいつもワクワクしておりました」というえなり。迎えた上川も「“天狗伝説“など民間伝承を題材にした物語にふさわしい、ベストなキャスティングでした。糸村が迷い込んだ村に漂う、ある種独特の雰囲気を余すところなく表現してくださいました」と、えなりの演技を絶賛していた。

 ロケの大半は人里離れた山中で行われ、えなりは「携帯電話がつながらないエリアだったので、日が暮れると正真正銘の暗闇でした」と、撮影エピソードも告白。また、「隔絶され、独特の文化を発展させた村での事件が描かれているので、いつにも増してスリルを味わえる作品だと思います。一緒に”つぐは村”に行った気持ちになって、サスペンスの醍醐味をぜひ味わっていただきたいです」と、PRしていた。

■出演
糸村聡…上川隆也
神崎莉緒…栗山千明
雨宮宏…永井大
滝沢綾子 …宮崎香蓮

氏家隆明…益岡徹

岩田信之…梶原善
村木繁…甲本雅裕
佐倉路花…戸田恵子

ゲスト
杉田義明…えなりかずき
久保田道明…麿赤兒
青山隆一…林泰文
市瀬しずか…山本未來
ほか
関連リンク
『おかしな刑事』人気の秘けつは?
水谷豊、“相棒”反町と距離縮まる
テレ朝10月ドラマ軒並み好発進
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.