ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
半田健人ら『仮面ライダー555』オーディション秘話明かす 平成ライダーの人気「ここ数年で感じる」
2018/10/27 20:51

写真をもっとみる
 俳優の半田健人、村上幸平が27日、都内で行われた『東映特撮ファン感謝祭2018』の『仮面ライダー』トークショーに登場。平成仮面ライダーを数多く手がけた白倉伸一郎プロデューサーとともに2人が出演した『仮面ライダー555(ファイズ)』撮影時の様子やオーディション秘話などを披露した。

 放送から15周年を迎えた『仮面ライダー555』(2003年)の乾巧/仮面ライダーファイズ役で初主演を飾り、当時史上最年少のイケメンライダーとして知名度を上げた半田は「撮影に入る前、白倉さんに『前作、前々作に目を通した方がいいですか?』と聞いたら『見ないでくれ』とおっしゃって…」と告白。白倉氏は、その真意について「前作と同じことをしてほしくないので言いましたね」と、先入観なく真っ白な状態で演じてもらいたい想いからだったと明かした。

 オーディション時に『平成ライダーが好き』を打ち明けると、受からないという“うわさ”の真偽も検証。白倉氏は「それはありますね。仮面ライダーが好きなのはいいことなのですが、結局は“過去”が好きということ。新しい番組は全然違うことをやるということなので、反発する可能性がある。だから“ライダー好き好きアピール”をされると、マイナス点ではないけど、審査で引いちゃう。仮面ライダーがゴールになってしまうと困る」と説明した。

 半田は「正直、僕らライダーは自分が出演しているシリーズ以外は詳しくなかったりする。ファンから過去作の共通点とか言われると『そうなんだ!』と勉強になります」と伝え、「僕がやったのは平成ライダー4代目。『仮面ライダーがあるんだ』『人気があるんだ』くらいの認識で作品に参加した。ここ数年になると『555をみていました』『555を見て仮面ライダーに憧れました』という人がいて、自分は平成ライダーをやっていたなと感じるようになりました」とかみしめるように語っていた。

 この日は『仮面ライダーキバ』(2008年)紅音也/仮面ライダーイクサ及びダークキバ役、『仮面ライダービルド』(2017)猿渡一海/仮面ライダーグリス役で出演した武田航平も登場。半田は「僕らは、ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身なんですよ」と紹介した上で「武田くんとは第14回の同期で、仮面ライダーに出演する前に出会った最初の同業者。こないだも一緒に舞台をやりました」とジュノンボーイと仮面ライダーのつながりの深さをアピールしていた。
関連リンク
半田健人『ライダー』ファンへ感謝
武田航平プライベートでヒーローに
ビルドヒロイン カレンダー発売
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.