ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
川栄李奈、坂口健太郎の食欲を暴露「カットがかかっても、もう次にって言われても…」
2018/10/29 20:23

写真をもっとみる
 俳優の坂口健太郎、女優の川栄李奈が29日、都内で開催中の第31回東京国際映画祭(TIFF)内で行われた『人魚の眠る家』(11月16日公開)のワールドプレミア舞台あいさつに出席。川栄は坂口の意外にお茶目な一面を明かした。

 女優の篠原涼子と俳優の西島秀俊が映画初共演を果たす同作は、東野圭吾氏の小説を堤幸彦監督が実写化。2人の子を持つ播磨薫子(篠原)と、IT系機器メーカー社長の和昌(西島)は、娘の小学校受験が終わったら離婚すると約束していた。ある日、娘がプールで溺れ、意識不明になったと知らせが届く。このまま回復の見込みはなく眠り続ける娘を前に、奇跡を信じる夫婦はある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく。

 坂口について川栄は「ちょっとお茶目なんですよ。見た目とかしゃべる感じで第一印象だとクールなのかなって思った。でも、しゃべっていくと話しやすかったです」とにっこり。ただ、そんな評価はお構いなしに坂口は「結構、クールなんです」と渋い一言で会場を笑わせた。

 さらに、川栄は坂口が撮影中にもんじゃ焼きをバクバク食べていたことも暴露。おいしいもんじゃ焼き店での撮影だったそうで、川栄は「ガチでめちゃくちゃ食べてました」とぶっちゃけ。坂口は「すごくおいしくて」と恥ずかしそうに振り返ると、川栄は「カットがかかっても、もう次にって言われても食べてました」と重ねて秘話を口に。タジタジの坂口は「おいしかったです…」と赤面していた。

 また、西島と3度目の共演になった篠原は新たな一面を発見したという。「最近、気づいたんですけど甘いものが好きです」とにっこり。国際映画祭で英語の同時通訳があり、その部分を訳していると西島は「訳さないでいいですからね、ここ」と苦笑い。続けて篠原は「深みが増して。ますますダンディーで色気がムンムン。日比谷にすっごいステキな写真があって、ずっと見ちゃいました。でも、近々、会えるから生でいっぱい見てやろうと思いました」とニヤリ。これも英訳され、西島は「訳さなくていいから!」とツッコんでいた。

 舞台あいさつには山口紗弥加、田中泯、堤監督も参加した。
関連リンク
篠原涼子、美しいシルエット披露
篠原涼子、『サニー』日本版に主演
篠原涼子『天使のブラ』新CM公開
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.