ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
DA PUMP、ミス・インター米国代表の前で「U.S.A.」 曲紹介で苦笑いも
2018/11/09 17:30

写真をもっとみる
 世界各国・地域から選ばれた女性たちが“美の親善大使”として集う平和の祭典『2018ミス・インターナショナル世界大会』が9日、東京ドームシティホールで行われ、7人組ダンス&ボーカルグループ・DA PUMPがゲストとして登場。米国代表の前で「U.S.A.」を歌唱したが、曲紹介で苦笑いする場面があった。

 世界大会前に行われたフォトセッションではDA PUMPと77の国と地域から集まった女性と“いいねダンス”を披露。ISSAは「みんなにやっていただいて、本当にうれしかったです」と協力に感謝した。ただ、本番の曲フリでは「『U.S.A.』という曲なんですけれども…」とUSA代表も参加していることもあり、苦笑いする一幕も。ただ、歌唱直後には会場全体で“いいねダンス”をしたこともあり「みなさんにやっていただいて、うれしかったです。華やかな場所に立てるということがうれしい」と笑顔を爆発させていた。

 また、司会の別所哲也から「今年は日本中で『U.S.A.』ブームが起きましたね」と水を向けられるとISSAは「みなさまのおかげで忙しくさせていただきました。ありがとうございました」とにっこり。今年の総括として別所が「かなり手応えがあるんじゃないですか」と振るとISSAは「最初は自分たちでもわからなかったんですけど、本当に周りのみなさまのおかげで、こういったステキな場所にも立つことができた。光栄に思います」としみじみと激動の1年を振り返った。『現代用語の基礎知識選 2018ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート30語に「ダサかっこいい/U.S.A」が選ばれており、まだまだブームは収まりそうにない。

 「ミス・ワールド」「ミス・ユニバース」と並び世界3大ビューティー・ページェントのひとつである同コンテストは1960年に誕生し、今年で58回目。外見的な美しさのほか、国際社会への貢献を目指す世界中のミスたちが、互いに交流を深めることを目的としており、今回は世界77の国と地域が参加した。

 日本代表は過去、1970年に須田敏江さんが4位、2002年に漆島花さんが3位入賞。2012年の沖縄大会では吉松育美さんが日本初となる「ミス・インターナショナル」を獲得している。昨年は筒井菜月さんが5位だった。
関連リンク
「ミス東スポ」候補者決まる
ミス・アースファイナリスト披露
「ミスマガジン」グラビアジャック
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.