ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
【紅白】純烈&DA PUMP、苦難を乗り越えともに晴れ舞台へ
2018/11/14 18:05

写真をもっとみる
 大みそか恒例の『第69回NHK紅白歌合戦』(後7:15〜11:45 総合ほか)に初出場が決まった、5人組歌謡コーラスグループ・純烈。14日に、東京・渋谷のNHKで行われた発表会見で、リーダーの酒井一圭が『紅白』への思いを語る中、同じ壇上にいたDA PAMP・ISSAとアイコンタクトでお互いを讃えるようにうなずき合う場面があった。

 DA PUMPはグループとしては16年ぶり6回目の出場となるが、ISSA以外のメンバーは全員“初出場”となるため、“初出場歌手”会見に出席していた。

 純烈・酒井は「スーパー銭湯アイドルの純烈です。若い人たちに負けないように、健康ランドやスーパー銭湯で全国のおじちゃん、おばちゃんに応援していただいているので、その想いも込めて、平成最後の紅白で思いっきり…平均40歳超えてるんですけど、青春したいと思います」とコメント。

 さらに「世のマダムの皆さん、はたまたおばちゃんたちがいなかったら、とっくに解散していたグループでして。健康センターとか、スーパー銭湯とか、ショッピングセンターとか、そういった場所で一生懸命やらせていただいて。今日ご一緒させていただいているDA PUMPさんたちがそういった場所で再起をかけて頑張っている姿も見て、僕らも頑張ろうってことでやってた」と、自身の左斜め前方にいるISSAに視線を送った。ISSAも振り向き気味に大きくうなずいていた。

 純烈は、かつて「仮面ライダー」や「スーパー戦隊シリーズ」のメインを張っていた俳優たちを中心に、今年で結成11年。昭和の香り漂うムード歌謡を「歌って踊る」という独自のスタイルで、日本全国のスーパー銭湯などのステージに立ち、「夢は紅??親孝??」を合?葉に地道に活動を続けた結果、今年、グループ史上初となるホールツアーをするまでに。

 一方、DA PUMPは、沖縄出身のメンバー4人で結成され、1997年にデビュー。本格的なストリートダンスとISSAのパワフルなボーカルで次々とヒットを飛ばし、98年から5年連続で紅白歌合戦にも出場したが、その後、ISSA以外の初期メンバーが脱退。新メンバーを迎え、現在の7人体制になり、なかなかヒット曲に恵まれなかったが、今年リリースした「U.S.A.」のミュージックビデオのダンスが「ダサかっこいい」と話題になった。

 認められるまで、苦難の道のりを乗り越え、その道も半ばの2組。この日の会見でも、純烈はメンバーが力強く抱き合う喜びのポーズを見せたり、DA PUMPが「U.S.A.」の振り付けである「いいねダンス」のポーズを決めるなど、会場を沸かせた。大みそかの本番で、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、期待が高まる。
関連リンク
『第68回紅白歌合戦』司会決定
【紅白】初出場組、何人知ってる?
『NHK紅白歌合戦』放送時間決定
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.