ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
テレ朝で『シン・ゴジラ』再び放送 石破茂氏のPR映像も公開
2018/12/07 08:20

写真をもっとみる
 2016年に『ゴジラ』シリーズとして12年ぶりに公開され、興行収入82.5億円を記録する大ヒットを記録した映画『シン・ゴジラ』が、今月16日(後9:00〜11:19)にテレビ朝日系で放送される。同局では、昨年11月12日に同映画を地上波で初放送。平均視聴率15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、SNSでも「ゴジラ」「無人在来線爆弾」「内閣総辞職ビーム」といったワードがトレンド入りする“祭り”状態となった。

 今回の『シン・ゴジラ』放送に向けた特別PR映像に、自民党衆議院議員で元防衛大臣の石破茂氏が登場。『シン・ゴジラ』について熱く語る。劇場公開時に「ゴジラなるものがどう変わったのか、興味があった」と、人に勧められたのではなく自らの意思で作品を見たと言う石破氏。これまでに3回も『シン・ゴジラ』を鑑賞したそうだが、「見れば見るほど感じるものがあった」そう。「恐ろしい映画。いろいろなことを考えさせられる、単なる娯楽作品ではない」と語る『シン・ゴジラ』の魅力とは? 見る回数を重ねるごとに新たな何かを感じることができる、そんな『シン・ゴジラ』が持つ奥深さを石破氏独特の語り口で披露している。

 日本のみならず、ハリウッドなど海外でも永遠不滅の人気を誇る怪獣ゴジラ。その日本が誇る大怪獣を新たな視点で捉え、社会現象ともなった名作『シン・ゴジラ』は、『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明総監督のもと、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみら多くの俳優陣が出演。

 放送当日の16日の午後1時55分(※一部地域を除く)からは、昨年11月に放送された『ゴジラ総選挙』を再び放送。映画『ゴジラ』シリーズに登場する怪獣の中で、最も人気のある怪獣を決定する企画。1954年に公開された『ゴジラ』から2016年公開の『シン・ゴジラ』まで、全29作品で登場した怪獣はおよそ50種類。モスラ、キングギドラ、ビオランテ、ラドン、ミニラなど、さまざまなキャラクターの総選挙の結果はもちろん、『ゴジラ』シリーズの貴重な映像の数々を紹介する。

 『シン・ゴジラ』放送終了後には庵野秀明総監督の貴重なサイン入りグッズや、劇場公開時のノベルティグッズなどが当たるプレゼント企画も用意されている。
関連リンク
ハリウッド版『ゴジラ』新カット
小栗旬、ゴジラでハリウッド進出
ゴジラ×ガンダム、コラボの真相
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.