ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
柳楽優弥、子役時代の“ライバル”三浦春馬との共演に感慨「超うれしかった」
2018/12/18 14:43

写真をもっとみる
 俳優の柳楽優弥(28)、映画監督の福田雄一氏(50)が18日、都内で行われた映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』ブルーレイ&DVDリリース/デジタル配信記念ファン集結トークイベントに出席。真選組の土方十四郎を演じた柳楽は、同じく真選組の伊東鴨太郎を演じた三浦春馬(28)への率直な思いを打ち明けた。

 三浦とは子役時代から面識があったといい「春馬くんは、けっこうオーディションをがっつり取ってくるので(笑)。僕だけじゃなくて、いろんな人が『きょう、春馬がいるからダメだわ』って思うくらいでした」と回顧。「ひとつ下で同じ高校に行ったけど、高校時代はまったくしゃべっていない。ライバル視していました」と当時の心境を明かした。

 2004年公開の映画『岸和田少年愚連隊 ゴーイング・マイ・ウェイ』での共演から14年の時を経て、再び共演を果たした。柳楽が「超うれしかったです。こういう形での共演っていうのは、なかなか感動しましたね。春馬くんも言ってくれていました」とかみしめるように語ると、福田監督も「子役からこの歳まで売れていることってすごいし、奇跡じゃないですか」と称賛。柳楽は「ちょっと太ったりしましたけど、それがほかの役どころに生きてきていますから」とこれまでの歩みを前向きに語った。

 2014年に放送された柳楽主演のテレビ東京系ドラマ『アオイホノオ』の話題では、柳楽が「『アオイホノオ2』やりたいです」と直訴すると、福田監督も「大丈夫、11月の頭に(原作者の)島本(和彦)のところに行ってきたから。ヤスケン(安田顕)さんが、大学生ができる若さを保てるか」とにっこり。『銀魂』ではこれまでと違った表情を見せていることから、多彩な一面を冗談交じりにアピールする柳楽に、福田監督が「今はやりのカメレオン押しているの?」と笑いながらツッコミを入れていた。

 ブルーレイ&DVDは、きょう18日より発売される。
関連リンク
柳楽優弥、NHKドラマ主演 AIが題材
柳楽優弥、“笑い”への思い
柳楽優弥がハイテンションダンス?
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.