ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
ギルド、新体制初ワンマンツアーへ意気込み 新シングル「ベルガモット」インタビュー
2019/01/08 21:48

写真をもっとみる
 昨年9月から新体制がスタートしたヴィジュアル系バンドのギルド。1月4日からシングル「べルガモット」がオリコンミュージックストアで独占先行配信されており、今回は新曲リリースにあたってメンバーたちに制作秘話などを聞いた。

――9月から新体制がスタートしましたが、実際に始まってみてどうでしたか??

【TAKASHI】最初はやはり転校生感がありましたが、ライブを重ねて馴染んできてる感は出てきてます。結構、覚悟はしてたんですけど、新しいクラスのお友達(ギルドのファン)が良い子ばかりで、思ってたより全然受け入れてくれてる感じがして。

逆に元々の僕のファンの方との絆の再確認にもなったのもあるし、メンバーもフォローしてくれるので良い感じに進んでると思ってます。

【RYUICHI】僕も出戻ってきた立場なんで、ファンの方に受け入れてもらえるかって言うのが一番不安で…。

――おかえりもいたら転校生もいるって状態な訳ね

【宏一】ユニークなクラスなんです(笑)。

【RYUICHI】ソロでは歌い方をソフトに変えてたんですけど、もう少し重く歌うというか…。

――今はギルドの歌い方に戻してるの?

【RYUICHI】ギルド+ソロの新しい歌い方って感じですね。

【TAKUMA】ギルドから離れてる期間があったので、今はギルドが活動してる事がすごく嬉しいですね。ライブ一回、一回、ベースも演奏をしっかり、昔もしっかり演奏してたつもりなんですけど(笑)。一歩一歩をしっかり踏みしめて行こうっていう気持ちは強くなりましたね。バンドっていいなぁって。

【宏一】9月の大阪のライブは「このライブで滑ったら終わるな」って思ってライブに臨んでましたね。僕もすごく緊張しててたんですが、TAKASHI君がずっと楽屋でギターを練習してて、TAKASHI君の緊張を和らげようと思って「ミスとか気にしなくていいよ!」って言ってたんですが、「ギルドの歴史に泥を濡れないからしっかり弾くよ!」って言ってくれて本番前に泣きそうになり。

9/28大阪ワンマンの一曲目、亜麻色のギターソロを完璧に弾ききってくれて、多分これ自分やったらミスってるんやろなぁなんて思いつつ(笑)。その後のメンバー紹介での一言目「ギルドのギターのTAKASHIです!」ってのを聞いて「カッコいー!!!」ってなりましたね

【RYUICHI】ちゃんとギルドのギターやった!

【宏一】今は帰ってきてくれたRYUICHIと加入してくれたTAKASHI君にまたもう一回ギルドやらしてもらってる気持ちです!

――ちなみに一発目の大阪のライブは点数をつけるとしたら何点を付ける?

【宏一】200点とかつけれますよ! 細かいミスとかはありますが未来が見えた!

【TAKUMA】意味のあるライブやったよね。


■2月から新体制で初のワンマンツアー

――2月8日から3年ぶり新体制では初のワンマンツアーが始まりますが、どんなツアーになりますか?

【TAKUMA】ただいま!ギルドですって言うツアータイトルなんですけど、帰ってきたよ!って言うツアーで。懐かしい気持ちと新しいギルドの両方を感じてもらえたら!

【宏一】行けてない場所が沢山あるんで、福岡とかも頻繁に行ってたんですけど、何年ぶりに行くんやろって。

――今回は7大都市だけど、47都道府県を周りたいなってのもある?

【RYUICHI】周りたいですね!

【TAKASHI】大きな会場に全国から会いにきてもらう事も大切だとは思うんですけど、なるべく会いに行くスタンスでやりたいですね。

――ギルドのライブはとても楽しくて多ジャンルの人にも受け入れてもらえると思うんだけど…MCでもみんなよく喋るし(笑)。

【宏一】最初は僕だけが喋ってたんですけど。

――ベースがあんなに喋るのも珍しいよね

【TAKUMA】楽しくて急に喋るようになりましたね(笑)でも、TAKASHI君もよく喋る、ライブする前に「俺は台本人間だから」って言ってたけど、全然喋ってるし(笑)。

【TAKASHI】ギルドのMCは台本無しのフリートークでびっくりしました

――どこのバンドも基本的に話すネタくらい決めてあるのかと思ってたけど

【TAKASHI】僕もあると思ってたけど、このバンドには無かった(笑)


■待望の新曲「べルガモット」について

――1月4日からオリコンミュージックストアで独占先行配信されてます待望の新曲「べルガモット」の方はどんな感じですか?

【宏一】配信させていただいてありがとうございます!!

――「ベルガモット」の作曲は?

【宏一】僕がしたんですが、メンバーのデモを聴いてそれぞれの個性が詰まってるんですが
元々のギルドの色みたいな物を活かした曲を作ろうって思って作りました!

――ギルドのDNAを大事に今の体制で昇華するみたいな?

【宏一】さらに良くなって帰ってきた!みたいな

――歌詞の方はどんな内容になってるの??

【RYUICHI】ベルガモットってアールグレイの香料になってる柑橘系の果物なんですけど、リハの後にメンバーで喫茶店に行ってアールグレイを飲んでて、4人でこれから頑張ってこうぜ!ってワイワイしてたんですけど…前のギターのヒレさん(YOSHIHIRO)もソロになって大変かもしれへんけど、お互い頑張ってこうぜ!って歌詞にしたくて。

そんなバンドの環境を恋愛に例えてアールグレイの香りで昔の記憶がフラッシュバックするみたいな歌詞にしました。

【TAKASHI】もしあの時カレー屋さんに行ってたら…。

【宏一】タイトル「グリーンカレー」やったかも(笑)。

【TAKASHI】お洒落な喫茶店に行ってよかったー(笑)。

――基本は4人で制作の雰囲気はどうなの?

【TAKUMA】メンバーの意見を聞きつつ、エゴに走り過ぎずバランス取ってって感じですね。

――作った人も他のメンバーの意見を受け入れられるような感じにはなってる?

【宏一】僕のデモなんて鍵盤とメロディーしかないんで(笑)。あとはTAKASHI君に任せてアレンジしてもらってます。

【TAKASHI】「ベルガモット」のアレンジやミックスはバンドサウンドの原点に返るというか、現代的なロックというよりは「生のバンドの良さを大事に」をテーマに作りました。

――そういうタイプの制作の仕方は珍しいのかな?

【宏一】僕はパソコンでの打ち込みができないんで、みんなできる?

【RYUICHI】ソロの時ずっとやってたよ。

【宏一】あ、できないの僕だけですね(笑)。

【TAKUMA】他のメンバーのデモはバンドアレンジやったのに

【TAKASHI】ドラマーのデモだけドラムが入ってないんですよ(笑)

――次回作はどのような感じになってるの?

【RYUICHI】次の曲はギルドロゴに因んだタイトルをつけてます! ソロになった時の感情を歌詞にしたんですけど、過去を振り返って自分の残してきた物、ファンの人達への感謝みたいな物をテーマにしてます。

【TAKASHI】作曲は僕なんですが、TAKASHI色を100%出すとせっかくこのメンバーで作った意味がなくなってしまうので、音の使い方やRYUICHI君の歌声のおいしいところなど考えながら作曲しました。ギルドに寄せ過ぎても僕が作る意味がないと思ってたので、自分の良さと元々のギルドの良さを一曲の中にどう表現できるかなって言う、そこのハイブリッドを狙いました!

――最後に一言お願いします。

【TAKASHI】自分が参加した音源が出るのが一番大きいですね! まだ僕のギルドでのステージを観れてない人も多いと思うんですけど、7大都市ツアーで会いに行って一緒に「ただいま!」を言いたいですね!

【TAKUMA】ツアーを観てもらって、新しい音源を聴いてもらって「ギルドいいな! やっぱギルドやな!」って思ってもらえるように頑張ります! もちろん初めましての方にも好きになってもらえるような活動をしていきます!

【宏一】47都道府県また周れるような強いバンドになりたいってのはもちろんですが、長くバンドを続けて偉大なる先輩方みたいな大人の魅力のあるバンドになりたいですね。バンドを続けるのは難しいと思うんですが、運はあるバンドだと思ってるので、この先ギルドをもう一層、厚くして大きなバンドを目指したいです!

【RYUICHI】3年くらいギルドは動いてなかったけど、でも、その間もそれぞれ活動はしてて、それぞれレベルアップしてて集まったわけなので「前のギルドと同じやと思ったら大間違いやぞ」ってのをみせて行きたいと思います! 新曲の「ベルガモットい」っぱい聴いて来月からのツアー楽しみにしててください!

ギルド ホームページ:https://guild-official.com
アドベントクォード ホームページ:https://adventquad.com
関連リンク
バクナン 深キョンドラマ主題歌
BUMP『グッドワイフ』に主題歌提供
GLAY、所信表明&7つの公約掲げる
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.