ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
野口五郎、撮影現場で「終活の話題ばかり…」 小日向文世、角野卓造らと共演
2019/01/06 17:43

写真をもっとみる
 歌手で俳優の野口五郎(62)が6日、都内で行われたTBS系連続ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(11日スタート 毎週金曜 後10:00〜※初回15分拡大)の舞台あいさつに出席した。

 同ドラマは加藤実秋氏の『メゾン・ド・ポリス』シリーズ(角川文庫刊)が原作。主人公の若手刑事・牧野ひより(高畑充希)が、退職警察官だけが住むシェアハウス『メゾン・ド・ポリス』を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく。

 野口をはじめ、西島秀俊(47)、小日向文世(64)、角野卓造(70)、近藤正臣(76)ら“おじさま”キャストが高畑の脇を固める。1999年放送の同局系ドラマ『ケイゾク』以来、20年ぶりに民放連ドラに出演する野口は「ご縁を感じます」と喜びつつ「控室では、小日向さんが青山墓地を見ながら『みんな、お墓どこにする?』って。終活の話題ばかり…」とこぼした。

 「健康の話はよくするね」と続いた小日向は「『定期検診はした?』みたいな。死生観も考えるということは歳をとったんだなって思いますね」としみじみ。これに対し、角野は「70歳を過ぎると、死ぬとか生きるとか、あまり関係なくなるけど、小日向さんはまだ60代半ば。まだちょっと生に執着があるのかな」と笑っていた。
関連リンク
高畑充希『忘却のサチコ』連ドラ化
高畑充希&三浦春馬の恋人カット
柳楽優弥、三浦春馬と共演に感慨
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.