ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
遠藤憲一“素顔で妖精”役に苦労「油断するとヤクザか刑事に…」
2019/01/09 05:00

写真をもっとみる
 モデルでタレントの岡田結実が主演を務める、11日スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『私のおじさん〜WATAOJI〜』(毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)。このほど、都内で制作発表会見が行われ、岡田、遠藤憲一らキャスト陣が“晴れ着”姿で意気込みを語った。

 同ドラマは、バラエティー番組制作会社で働くポンコツAD・一ノ瀬ひかり(岡田)を主人公とした痛快社会派コメディー。超過酷ロケで有名なバラエティー『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』に配属されたひかりの前に、ある日「妖精」を名乗るおじさん(遠藤)が現れる。彼女にしか見えない妖精は、陽気で毒舌で性格は最悪。しかし、自分が口に出せない本音や愚痴を垂れ流すおじさんに、いつしか影響を受けていく。

 毒舌でディスりまくりの妖精おじさんを“素顔”のままで演じる遠藤は「強面の顔でスーツを着て出ます。油断するとヤクザか刑事になってしまう…。その辺は難しい」と苦労を吐露。登壇者の中で最年長とあって黒の晴れ着姿でビシッと決めたが「俺だけ襲名披露じゃないか!」とボヤいて、笑わせていた。

 また、主演の岡田以外からは“見えない”という設定に「みんなに何を振っても反応もない、とても孤独な役です。でもみんなも聞こえないフリをしなきゃいけないから大変だけどね」と苦笑い。今年の抱負を書き初めでしたため「妖精完遂。そして、ちゃんと人間に戻る」と完全燃焼を誓った。

 妖精おじさんとバディ(?)を組む岡田は「こんなに演技をしていて“一人じゃない”と感じるのは初めて。妖精おじさんと2人で番組を作り上げてるみたいな感覚。この撮影が永遠に続けばいいな」と満面の笑み。親のような温かい眼差しで見守っていた遠藤も「何やっても楽しそうでかわいい。こういう子が妖精をやるべき!」と声を大にしていた。

 会見にはそのほか、城田優、小手伸也、戸塚純貴、田辺誠一、青木さやかが出席した。
関連リンク
岡田結実、女優転身を宣言も自虐
城田優、妹と“初兄妹”ランウェイ
遠藤憲一が温泉宿の仲居に転身!?
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.