ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
田辺誠一、書き初めでも“画伯”ぶり発揮 岡田結実、遠藤憲一らも驚愕
2019/01/09 05:00

写真をもっとみる
 タレントの岡田結実が主演を務める、11日スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『私のおじさん〜WATAOJI〜』(毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)。このほど、都内で制作発表会見が行われ、岡田、遠藤憲一、田辺誠一らキャスト陣が“晴れ着”姿で意気込みを語り、書き初めで新年の抱負を掲げた。

 同ドラマは、バラエティー番組制作会社で働くポンコツAD・一ノ瀬ひかり(岡田)を主人公とした痛快社会派コメディー。超過酷ロケで有名なバラエティー『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』に配属されたひかりの前に、ある日「妖精」を名乗るおじさん(遠藤)が現れる。彼女にしか見えない妖精は、陽気で毒舌で性格は最悪。しかし、自分が口に出せない本音や愚痴を垂れ流すおじさんに、いつしか影響を受けていく。

 “ザ・業界人”な番組プロデューサーを演じる田辺は「裸足に革靴みたいな典型的な感じでやってますが、どこか番組を作っていく熱い想いを持っている」と役どころを紹介しながら「第1話を観たけど、妖精さんの言葉がホロッと来たりもする。やはり頑張ってる姿はいい」とアピール。

 会見にはそのほか、城田優、小手伸也、戸塚純貴、青木さやかが出席。全員が書き初めで新年の抱負を披露し、岡田は「『一長一短』。自分の良いところ、悪いところ全てを愛して頑張ります!」と初々しく意気込んだ。

 そんな中、一人異彩を放ったのは、“画伯”の異名を持つ田辺。文字がなく、動物(?)のような“イラストのみ”の書き初めを「テーマは『みんな楽しく』です」と披露。岡田や遠藤らは「なにこれ!?」と驚愕の表情で驚き、当の本人は「一斉に披露するのがつらいパターンでした…」と冷や汗をかいていた。
関連リンク
岡田結実、女優転身を宣言も自虐
城田優、妹と“初兄妹”ランウェイ
遠藤憲一が温泉宿の仲居に転身!?
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.