ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
阿部サダヲ&新垣結衣、はじめましても“呼び捨て”で会場大盛り上がり
2019/02/06 23:00

写真をもっとみる
 在京スポーツ7紙による東京映画記者会が選ぶ『第61回ブルーリボン賞』の授賞式が6日、東京・イイノホールで行われ、昨年度の主演受賞者の阿部サダヲと新垣結衣が司会を務めた。「結衣」と「サダヲ」と呼び捨てでトークを繰り広げ、会場を盛り上げた。

 阿部は「こんなに大きな舞台で司会をするのは初めてで緊張します」と入り、新垣も「そうそうたるみなさんで私も緊張しています」と話したが「ヘラヘラやっていきたいと思います」と言い、爆笑。さらに阿部が「台本にはガッキーと書いてあるんですけど“はじめまして“に近い。ガッキーと呼ぶのどう思いますか」と質問。それに対し「呼び捨てでもいいですよ」と言い、この日はお互い呼び捨てで通すことが決まった。

 阿部は、新垣の方が身長が高いことから「思ったより小さいと思ってますか」とまた質問。新垣は「思ったより大きいなと思ってます」と返し、開始早々、息のあったやりとりを見せ会場を和やかムードで包んだ。

 同賞は、前年の主演男優賞と主演女優賞の2人が司会を務める慣例があり、今年の主演男優賞を受賞した舘ひろしは「司会やったことあるわけないでしょ」と嘆き。阿部は「本当に何も決まってないんですよ。席に座ってみますか」と司会席に連れて行き、台本を見せるが「字が小さすぎて読めないですね」と大御所に対しても冗談を放ち、笑いを誘っていた。

 最後に阿部は「貴重な機会をいただけてありがたい。役者を続けていき、良い映画にいっぱい出たい」とあいさつ。新垣は「昨年、映画館に行かないと映画賞の席で言ってしまったけど、司会をやるのでいつもより意識して映画を観ました。お話が聞けてうれしかった。つたない司会でしたがありがとうございました」と話し、大役の務めを果たした。

『第61回ブルーリボン賞』受賞者、作品は以下の通り。

■作品賞:『カメラを止めるな!』(上田慎一郎監督)
■監督賞:白石和彌監督/『孤狼の血』『止められるか、俺たちを』『サニー/32』
■主演男優賞:舘ひろし/『終わった人』
■主演女優賞:門脇麦/『止められるか、俺たちを』
■助演男優賞:松坂桃李/『孤狼の血』
■助演女優賞:松岡茉優/『万引き家族』『ちはやふる−結び−』
■新人賞:南沙良/『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』
■外国作品賞:『ボヘミアン・ラプソディ』
関連リンク
松坂桃李、理想は「VRデート」
松坂桃李がドS発言『不能犯』特報
松坂桃李、ゲス不倫役の絶賛に当惑
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.