ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
石崎ひゅーい、『さすらい温泉』出演 マドンナ役の女優陣も追加発表
2019/02/07 23:23

写真をもっとみる
 動画配信サービス「Paravi」とテレビ東京グループによる連続ドラマ「ドラマパラビ」第2弾『さすらい温泉 遠藤憲一』(毎週水曜 深1:35)の主題歌を歌うシンガーソングライターの石崎ひゅーいが、第十湯(話)のキーパーソンとなるこけし職人・磯崎役でゲスト出演する。第八湯から第十一湯に登場するマドンナ役の女優たちも発表された。

 石崎は「こけし職人でミュージシャンというとても素敵な役をいただきました。演じてみて、こけしに対してまるで温泉のように愛着が沸きました。エンケン(遠藤憲一)さんとのお芝居も夢のようでした」と、感無量な様子。第十湯の見どころとして「劇中で主題歌を歌わせていただきました。温泉街で思いっきり歌ってきました。とても気持ちが良かったです。そしてなんと言ってもエンケンさんの歌が聴けるのが第十湯の見どころです。エンケンさんがあの歌を歌ってくれる姿、最高すぎます!」と、主演の遠藤が歌うシーンがあることを明かしていた。

 阿部真士プロデューサーは「東京から6時間。山形の銀山温泉まで来ていただき、やってもらったのがこけし職人の役。クレイジーです。でも、見事なこけし職人っぷりを見せつけてくれました。もう本当にこけし職人にしか見えません。石崎・こけし・ひゅーい。クレイジーで最高です」と、感謝の賛辞を送っている。

 なお、第八湯から第十一湯に登場するマドンナは、松本若菜、阿部純子、伊藤ゆみ、野波麻帆の4人。

 群馬・伊香保温泉の老舗旅館「千明仁泉亭」。中井田(遠藤)は、美しい客の増本若奈(松本)に一目惚れする。だが、若菜には小学6年生の息子・達也(中野龍)がいた。がっかりしたのも束の間、若奈がバツイチだと知る。反抗的な達也に若奈は手を焼いており、中井田は父親の存在が必要だと感じる。そんな中、達也が宿からいなくなり、中井田が達也を見つけ出すが、反抗的な達也と取っ組み合いとなって…。

 第九湯では、伊豆の修善寺温泉「新井旅館」に派遣される中井田。そこで白いワンピースを着た清楚な女性・矢部順子(阿部)とド派手なギャル・なちょす(なちゅ)と出会う。そんな中、中井田は、順子がスーツ姿の男たちに連れ去られそうになっている所を助ける。順子は有名財閥会長の一人娘で、勝手に縁談を決められて逃げ出してきたのだという。
中井田は自由に生きようとする順子を応援しようとするが…。

 第十湯で中井田は銀山温泉温泉「古山閣」に派遣され、影を感じさせる尾藤優美(伊藤)と出会う。優美の亡き父・ペリー尾藤(金剛地武志)は若い頃に流しの歌謡歌手をしており、最後の公演で訪れた銀山温泉で「やり残したことがある」と言い残して亡くなった。中井田は優美に協力し、ペリー尾藤が30年前に出演した歌謡ショーについて温泉中を聞いて回り、偶然出会ったこけし職人の磯崎(石崎)からヒントをもらう。

 第十一湯で中井田は、千葉・養老渓谷温泉の「もちの木」で働き始める。そこに、何か思い詰めたような並野真歩(野波)が一人で宿泊していた。中井田は真歩が泊まっている経緯を知ろうと近づく。真歩はこの地で、亡くなった猟師の祖父に育てられたと打ち明ける。だが、中井田は真歩がまだ何かを隠していると感じていた。そこへ、謎の老人(不破万作)が現れ、真歩が1年前に6歳の息子を亡くしたと中井田に伝える。
関連リンク
遠藤憲一の“妖精”の笑顔に注目
遠藤憲一“素顔で妖精”役に苦労
一糸まとわぬ衝撃ポスター公開
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.