ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
戸次重幸、自身演出の舞台キャスティングは「笑顔が信用できない4人を」
2019/02/08 21:00

写真をもっとみる
 俳優の戸次重幸、本郷奏多、青柳翔、前野朋哉、吉沢悠が8日、東京・EX THEATER ROPPONGIで行われた舞台『MONSTER MATES』の囲み取材に出席。同舞台で作・演出も務めた戸次は、今回のキャスティング理由について「笑顔が信用できない4人」と話し、集まった報道陣から笑いをとった。

 戸次は「視聴者として観ていて、笑いたくて笑っているのかなと。腹黒さを感じていました」とし「演技でね。人柄じゃないですよ」と慌ててフォロー。納得しているか聞かれた4人は「うーん」と口をそろえたが「この話もしていて、納得済みだと思ってます」と戸次は胸を張っていた。

 さらに、けいこが好きと話した戸次は「けいこ51%、本番49%くらいで、けいこが終わっちゃったんで若干寂しい」と今の心境を話し「無から有を生み出す作業というか。頭の中のものが形になっていく過程が大好き」とけいこの魅力を語り尽くしていた。「本番は、たくさんのお客様がいらっしゃるので、それが楽しみですよ」と本番への思いも口にしていた。

 演出家としての戸次に関して、前野は「すごくほめてくれます。うれしい。ずっと気分が良かった」と笑顔。本郷は「けいこ入るときに、“何かストレスがあったら右手を挙げてください。そしたら僕がなんとかして、ノンストレスのけいこ場を提供しますので”とおっしゃってくださって、緊張せずに入れました。右手を挙げることはなかったですけど」と明かした。戸次も褒められて笑顔を見せるが「本番で手が挙がったら怖いな」と話していた。

 最後に「バレンタインでチョコを一番もらえそうな人」を聞かれると、前野以外の4人がそれぞれの顔をうががい「いま、誰も僕のことを見てくれなかった」と恨み節。「いいよ、おこぼれがあったらもらいます」と答えていた。
関連リンク
前野朋哉、ふるさと岡山をPR
青柳翔ら映画続編発表に驚き
青柳翔、ドラマで板前役
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.