ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
貴乃花光司氏、引退で家族への思いを吐露「元の自分に帰れる」 大好きだった母の唐揚げ&4人での食卓
2019/03/15 05:00

写真をもっとみる
 元横綱の貴乃花光司氏が芸能人の一世一代、人生をかけた“勝負の1日”に迫る日本テレビ系特番『ザ・発言X〜勝負の1日』(20日、後9:00)に出演。大相撲の世界から身を引いた貴乃花氏の“次なる挑戦”について語った。

 貴乃花氏は15歳で相撲界入りし、横綱、親方と歩んできた。公私ともに大きな転機を迎えた今、46歳にして“第3の人生”に意外な分野で勝負をかける。番組が密着をスタートしたのは昨年12月初旬、貴乃花氏は瀬戸内寂聴と京都で対談した。今後の人生について寂聴から様々なアドバイスをもらった貴乃花はその帰りの道中で、あることに挑戦したい、とスタッフに打ち明ける。

 年明けから、その挑戦はスタートし、その過程を密着取材。先日行われたスタジオ収録で、貴乃花本人の口から、“第3の人生”の職業が明らかにされると、MCネプチューンをはじめ、ゲスト陣はあまりの意外性に驚きを隠せなかった。放送でその全貌が明らかになる。

 また、新たな挑戦をするにあたって、密着中、そしてスタジオ収録の中で、貴乃花氏が口を閉ざし続けてきた“家族への想い”が語られる。せきを切って溢れ出てきた“家族への想い”は、15歳までの家族の思い出。4人で食卓を囲んだ話、母の手作りの唐揚げが大好きだった話、学生時代に兄が守ってくれた話…。そして、転機となる15歳の入門によって、それまでの家族関係が大きく変わったこと…。

 MCの名倉潤から「いろいろな想いがあって、やっと家族のことをテレビでお話になるんですか?」と問われると、貴乃花氏は「引退したっていうのが1番大きいです。元の自分に帰れると言いますか。入門してから、弱いところを見せられない…っていうのもあって。もう人生も46歳ですので、折り返し地点じゃないかな、と思います。素直に、元に帰れるよう、にしようと…」と偽らざる胸中を口にしていた。

今回“第3の人生”で新しく挑戦する分野は「正直な自分の姿を見せないと出来ない仕事」と語った貴乃花氏。密着期間の約3ヶ月、等身大の46歳の貴乃花光司氏の素顔が番組では垣間見える。
関連リンク
松本人志、不倫報道のSUは「呪い」
大塚愛が第1子女児出産「一生分の幸せ」
“新婚”大塚愛、涙ながらに妊娠3か月発表
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.