ORICON STYLE MOBILE

オリコンNEWS
ニュース詳細
TOP>ニュース一覧>記事
mixiチェック つぶやく
竹中凌平&山田麻莉奈&平松可奈子、舞台『W’z《ウィズ》』に意気込み
2019/04/10 21:00

写真をもっとみる
 俳優の竹中凌平、声優の山田麻莉奈、女優の平松可奈子が10日、東京・新宿のシアターサンモールで舞台『W’z《ウィズ》』の公開ゲネプロに参加した。

 2017年に放送されたテレビアニメ『ハンドシェイカー』の10年後を舞台にした同名アニメの舞台版。音楽と映像の新たな融合を目指し、舞台上にはDJブースも設置されている。主人公のユキヤを演じる竹中は「けいこの合流が遅かったので、無事、幕が開いてよかった。この舞台は殺陣(たて)もあって、DJもあるし、(アニメでエンディング曲を務めた)Fukiさんが歌う。盛りだくさんで見どころがありすぎる」と笑顔を見せた。

 同作が初舞台という山田は「表立って演技するのが初めてで、すごく緊張している。殺陣も初めて。ホントに1から、みんなに支えられて、ここまで来れた」と周囲に感謝。平松は「このけいこが始まったときにアニメの『W’z《ウィズ》』も始まっていた。舞台の脚本もアニメの進行状況を見ながら付け足されたシーンもある。すごく原作アニメを大事にして作り上げた。私たちだけじゃなくて、衣装さん、ヘアメイクさんもアニメに忠実に作ってくださった。そういう点でも作品愛を感じることができると思う」とアピールしていた。

 竹中は家にDJ機材を持ち込んで練習したそう。「ユキヤのDJを見てほしい。2ヶ月やったものですから僕の中でのライフワークに。ユキヤが、すごく馴じんでいる」としみじみと口にしていた。

 『W’z《ウィズ》』は、きょう10日から14日まで同所で上演される。囲み取材には古畑恵介、Fukiも参加した。
関連リンク
ギルドロップス、デビュー曲初披露
中卒を見返すラブコメ漫画アニメ化
新声優ユニットに元HKT48メンバー
罫線
TOPへ
罫線
(C) oricon ME Inc.